居宅介護支援事業部

事業内容

要介護認定の申請代行

介護サービスを受けるためには、要介護認定の申請が必要です。
65歳以上の方で自立した生活が困難になってきている方、もしくは40歳以上65歳未満の方で特定疾病の方で、介護保険のサービスをご希望であれば、ご家族に代わってケアマネジャーが要介護認定の申請を代行いたします。

ケアプラン作成

ケアプランとは、ご本人の心身状態やご家族の要望に応じ作成される計画書です。
在宅での生活を自立して行えますよう、ご本人の心身の状況に応じた適切な居宅サービス計画(ケアプラン)をケアマネジャー(介護支援専門員)がご自宅に訪問し作成します。

ケアマネジメントの流れ

1.相談受付

介護サービスの利用や療養上の相談、介護保険制度についてのお問い合わせなどをお受けいたします。

2.状況把握/課題分析

介護支援専門員(ケアマネジャー)が、ご利用者様・ご家族様と面接し、ご利用者様の状態や抱えている問題点、解決すべき課題を分析します。

3.会議

課題分析を基にして各専門職のスタッフと意見を出し合い、ご利用者様のニーズに合ったサービスを検討します。

4.ケアプラン作成

課題分析とご利用者様、ご家族様のニーズをもとに適切なサービスが提供できるようにケアプラン(計画の原案)を作成します。
また、サービスをスムーズに受けられるようにサービス事業者と連絡調整を行います。

5.サービス利用

ケアプランに基づきサービスが開始されます。

6.見直し

サービス内容の変更や追加、あるいは見直しが必要となった際には、ご利用者様・ご家族様の立場でサービス提供事業者と連絡および調整を図ります。

要支援1・要支援2のかたについて

要支援1、要支援2の方は、お住まいの地区にある地域包括支援センターとの契約により介護予防サービスをご利用になれます。
お気軽にご相談、お問い合わせください。